スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200%定率法

平成23年の12月改正により
従来定額法の償却率の2.5倍で設定されていた
定率法の償却率(これを「250%定率法」といいます)
が、平成24年4月1日以後に取得したものから
従来の定額法償却率の2倍が定率法償却率と
されるようになりました。(これを「200%定率法」といいます)

この「200%定率法」についてまとめます。


1.原則

  平成24年4月1日以後取得の資産は「200%定率法」で
  定率法の計算を行う。


2.特例1
  
  3月末決算以外の法人の実務上の簡便性を考慮して
  平成24年4月1日をまたぐ事業年度については
  期末までに取得した資産につき、従来の「250%定率法」
  で償却することも認められます。



3.特例2

  平成19年4月1日以後に取得して「250%定率法」により
  償却してきた資産につき、一定の届出をした場合には
  平成24年4月1日の属する事業年度から「200%定率法」に
  変更することができます。

  この場合、「200%定率法」に変更した後の計算は
  以下のように行います。


  1.耐用年数

    法定耐用年数-経過年数※=変更後の耐用年数

     ※経過年数は期首簿価÷取得価額で求めた未償却割合をもとに
経過年数表に当てはめて求めます。


  2.償却限度額

   (1)期首簿価×変更後の耐用年数に係る200%定率法償却率

   (2)期首簿価×償却保証率

   (3)(1)≧(2) → (1)が償却限度額
       (1)<(2) → 改定取得価額(期首簿価)×改定償却率

  
    (注)(2)で償却保証額を計算する場合は、期首簿価が取得価額
        とされるため、当初の取得価額ではなく期首簿価に償却保証率
        を乗じて計算することになります。



税理士 名古屋/名古屋の税理士法人スプラウト

スポンサーサイト
プロフィール

sproutnagoya

Author:sproutnagoya
名古屋市千種区で税理士としてはたらいています。平成22年に社労士事務所も開業しました。
出 身 静岡県浜松市
血液型 O型

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。