スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経営セーフティ共済

経営セーフティ共済とは
(中小企業倒産防止共済制度)

取引先事業者が倒産して
債権の回収が困難となった場合に
お金が借りられる制度です。

この制度は
支払った掛金が全額損金になり

40か月以上
掛金を支払った後に解約すると
返戻率が100%になるので

節税商品としての
メリットもあります。

従来は月額掛金8万円が上限でしたが

改正により
月額20万円まで掛金が増額されましたので

前納すれば
最大240万円まで損金算入できます。


以下、詳細です。

1.運営機関

  独立行政法人中小企業基盤整備機構
  (国が全額出資しています)

2.加入企業の条件

  ・引き続き1年以上事業を行っていること。

  ・例えば小売業の場合は、
   資本金等の額が5千万円以下または
   従業員数が50人以下のいずれかに該当すること。
   ※業種によって条件は異なります。

3.毎月の掛金

  ・5千円~20万円の範囲内で自由に選べます。
   (5千円単位)

  ・掛金総額800万円で打ち止めです。

  ・前納も可能です。

  ・税務上、全額損金に算入されます。
   ※個人の場合は事業所得の場合のみ必要経費に算入されます。

4.貸付について

  ・取引先が倒産して債権が回収不能の場合に貸付が受けられます。

  ・貸付額は「回収困難な債権の額」と「掛金総額の10倍」のいずれか少ない額まで。

  ・無担保・無保証・無利息。
   ただし貸付額の10%が積み立てた掛金総額から控除されます。

  ・返済は据置き期間6ヶ月を含み、5年から7年で分割返済します。

  ・倒産等の事由が発生していなくても、解約返戻金の範囲内で貸付が受けられます。

5.解約手当金

  ・掛金を12カ月以上納付していれば
   自己都合の任意解約でも掛金総額の80%以上の解約手当金が支払われます。

  ・さらに40カ月以上納付した後に任意に解約した場合は
   掛金総額の100%が解約手当金として支払われます。

申し込みは、金融機関等、または税理士法人スプラウトでも承ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sproutnagoya

Author:sproutnagoya
名古屋市千種区で税理士としてはたらいています。平成22年に社労士事務所も開業しました。
出 身 静岡県浜松市
血液型 O型

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。