スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費税免税点制度の改正

新規開業や法人を新設した場合
(資本金1千万円以上の場合等を除く)

最初の2期については
消費税の納税義務が免除されます。

例えば
個人事業をしていた人で
年間消費税が50万円くらいあった人が
法人成りすると

法人成りしたあと
2期は消費税の免税事業者になるため

単純に計算すると
50万円×2期
で最大100万円の消費税の
納税をしなくても済むことになります。

ただし
このルールを悪用した
租税回避の例が多いということで

平成25年1月1日以後に開始する
事業年度からは
新しいルールが適用されることになりました。

例えば
個人事業をしていた人が
法人成りをするというケースで
考えてみます。

個人事業で
売上3000万円、消費税の年税額75万円
だった人が
平成25年1月に資本金300万円で株式会社を設立したとします。
(事業年度は1月~12月、売上等は毎期一定とします)

従来であれば消費税は
1期目  売上に関わらず免税
2期目  売上に関わらず免税
3期目~ 1期目の課税売上が1千万円超の場合は課税
となっていたのですが

今回の改正により

1期目  売上に関わらず免税
2期目~ 1期目の上半期6月間の課税売上が1千万円超の場合は課税

というように
1期目の上半期6月間で
1000万円を超える
課税売上高が計上される場合には

翌事業年度から
消費税の課税事業者になるように
改正されました。

上記の例だと
支払う消費税が
75万円違ってくるわけなので
結構大きいですね。

この改正は
平成25年1月以降開始事業年度から適用に
なります。

詳しくは
顧問税理士にご相談ください。



誰に相談したらいいのかわからない方は
こちらへどうぞ。
   ↓
税理士法人スプラウト





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sproutnagoya

Author:sproutnagoya
名古屋市千種区で税理士としてはたらいています。平成22年に社労士事務所も開業しました。
出 身 静岡県浜松市
血液型 O型

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。