スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電と税金

先日、知り合いから
太陽光発電と課税に関する
質問があったので
ブログでまとめておきます。

太陽光発電の設備を屋根などに取り付け
自宅の電気をそれでまかなったうえで
余った発電分があるときは
電力会社に電気の買い取りをしてもらえます。
(売電といいます)

つまり
電気を電力会社に売ることになるのですが
この電気の売却による所得は
どういった課税関係になるのでしょうか?

これは個人の場合
以下の3パターンが考えられます。

1.サラリーマンが自宅に取り付けた場合
2.個人事業主が事業用の物件に取り付けた場合
3.不動産オーナーが賃貸物件に取り付けた場合

結論から言うと
1.は「雑所得」、2.は「事業所得」、3.は「不動産所得」
となります。

ただし、1.のパターンのときは
給与所得以外の所得が年間20万円以下の場合
確定申告不要という制度があるため
実際のところ申告しなくてもいいケースが
多いと思います。

20万円以下でも例えば住宅ローン控除の初年度や医療費控除を
受ける等で確定申告が必要な場合は、申告しなければなりません。

ちなみに
売電収入そのものが課税対象になるのではなく
必要経費をマイナスすることが認められています。

必要経費としては
(1)太陽光発電設備の減価償却費(法定耐用年数17年)
(2)太陽光発電設備をローンで取得している場合の利息部分
が考えられます。

1.に該当する場合には
(1)減価償却費と(2)借入金利子の合計額を
総発電量で割って売電量を掛けた金額だけが必要経費となります。

つまり自宅で消費している電力分は
経費にならないということですね。

さらに一定の要件を満たす太陽光発電設備については
取得価額の30%の特別償却か取得価額の7%の
特別控除がおかれていますが

上記2.のように事業所得となるケースで
ないと適用できませんのでご注意ください。


税理士 名古屋/名古屋の税理士法人スプラウト
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sproutnagoya

Author:sproutnagoya
名古屋市千種区で税理士としてはたらいています。平成22年に社労士事務所も開業しました。
出 身 静岡県浜松市
血液型 O型

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。