スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貸借対照表

貸借対照表
は英語でBlance Sheet といい
頭をとって
B/S(ビーエス)と呼ばれたりします。

この貸借対照表には
資産・負債・純資産と
3つの区分があります。

この3つの区分は
借方(左側)に資産
貸方(右側)に負債と純資産が計上され

資産=負債+純資産という
関係になっています。

資産はプラスの財産
負債はマイナスの財産
純資産は正味の財産
という意味ですが

少し難しく言うと
負債と純資産は資金の調達源泉を表し
資産はその調達した資金の運用形態を表します。

つまり
負債と純資産はどうやってお金を集めてきたか
資産はその集めたお金が今どうなっているか
ということを表しています。

さらに負債は「他人からお金を借りてきたお金」であり
純資産は「自分(=株主)が用意したお金や自分で稼ぎだしたお金」
ということです。

税理士としてお客様とお話していると
「損益計算書はわかるけど貸借対照表はよくわからない」
という声をよく聞きます。

損益計算書で
とりあえずその期の業績はわかるのですが

その会社が安定感があるかどうかは
貸借対照表を見ないとわかりません。


では貸借対照表は
一体どこを見ればよいのでしょうか?

一番重要なポイントは
「純資産」です。

「純資産」の金額は
大きければ大きいほど
その会社に安定感があると言えます。

「純資産」の中身は
細かく言うといろいろあるのですが

シンプルにいえば
「資本金」と「利益剰余金」
からなります。

商売は
最初に元手を用意しますが
これが「資本金」です。

この資本金を
上手に運用して
かかったお金よりも
たくさん回収できれば
その差額が儲け(利益剰余金)になります。

つまり
利益剰余金というのは
簡単に言うと
運用の結果、増やした
自己資金ということです。

逆に商売がうまくいっていない場合
つまり赤字が出ている場合には
利益剰余金がマイナスになることもあります。

赤字が続くと
利益剰余金のマイナスがどんどん大きくなり

そのうち元手である資本金を割り込んでいき
資本金が全て食いつぶされたところで
「純資産」がマイナスになったりします。

これを債務超過といいます。

債務超過は
「今、手元にある財産を全部お金に替えても
借金は返せない」
という状態を表すため

銀行から融資を受けることが
非常に難しくなります。

銀行から融資を受けることができない
というのは
商売をするうえで
かなりのハンデを負うことになります。

よって
銀行からの融資をいつでも
受けることのできる
安定感のある会社にするためには

まず貸借対照表の
純資産の金額を
できるだけ大きくなるようにすること。

そのためには
毎期利益を出し続けること。

商売はやはり
利益を出す(=お金を増やす)
ことが目的なのです。

お金が増えると
打てる手の選択肢が増え

それがさらに
商売の好転につながります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sproutnagoya

Author:sproutnagoya
名古屋市千種区で税理士としてはたらいています。平成22年に社労士事務所も開業しました。
出 身 静岡県浜松市
血液型 O型

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。