スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャッシュフロー計算書

財務諸表には
B/S、P/Lのほかに
キャッシュフロー計算書があります。

このキャッシュフロー計算書が
日本に導入されたのが
西暦2000年。

まだ日は浅いのですが
非常に存在感のある財務諸表に
なっています。

企業経営において
生死のカギを握るのが
お金(キャッシュ)です。

どんなに赤字が出ても
キャッシュが続く限り
企業は存続できますが

キャッシュが途切れた瞬間に
ゲームオーバーです。

なので
企業経営において
キャッシュの流れに
気を配るのは
非常に重要です。

キャッシュフロー計算書は
B/SやP/Lからは
直接見えてこない
キャッシュの流れを
可視化した表です。

この表を見れば
期首から期末にかけて
どんな理由で
どれだけのキャッシュが
増減したかがよくわかります。

では
キャッシュフロー計算書は
どこを見ればよいのでしょうか。

まず第一に
当期中のキャッシュの増減です。

当期1年間で
お金がいくら増えたのか
(いくら減ったのか)
をまず確認します。

次に
どんな理由で増減したかを調べます。

キャッシュフロー計算書には
「営業活動によるキャッシュフロー」
「投資活動によるキャッシュフロー」
「財務活動によるキャッシュフロー」
と大きく3つの区分があります。

「営業活動によるキャッシュフロー」は
本来の商売によるお金の増減を表していますので

ここは基本的に
毎期プラスである必要があります。

ここがマイナスという場合は

1年間商売をした結果
お金が減ってしまったことを表しますので

これでは何のために商売しているのかが
よくわかりませんし

マイナスが何期も続くのであれば
商売のやり方を根本的に見直す必要があります。

「投資活動によるキャッシュフロー」は
設備投資などをしたことによる
お金の流れを表すので
ここは基本的にマイナスの状態が普通です。

リストラのため
設備などを売却している場合には
プラスになることもあります。

「財務活動によるキャッシュフロー」は
融資や増資等の
お金を集める活動に関する
キャッシュフローを表します。

通常
お金を借りた場合はプラスとなり

返済のみの場合はマイナスになります。

「営業活動によるキャッシュフロー」がマイナスの会社は
「財務活動によるキャッシュフロー」がプラスのことが多く

つまり本業で減ってしまったお金を
融資により穴埋めしていることになります。

とにかく商売は
お金の流れを途切れないように
回していくことが最も重要です。

そのためには
当たり前の話ですが
本業でお金を生みだすことが第一です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sproutnagoya

Author:sproutnagoya
名古屋市千種区で税理士としてはたらいています。平成22年に社労士事務所も開業しました。
出 身 静岡県浜松市
血液型 O型

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。